ほうれい線 原因

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができてしまう原因あれこれ


ほうれい線ができる原因は
頬のお肉や筋肉のたるみ。

このたるみを しっかりケアする化粧品や
美顔器を上手に使うことで
たるみが解消し、ほうれい線を薄くすることができます。

特に 筋肉のたるみは、
よく使うことで トレーニング、まさにお顔の筋トレをしながら
きゅっと引き上げてゆくことが可能です。

お肌そのものがたるんできた、という場合には
皮膚を内側から持ち上げてくれるコラーゲンが
不足しているケースがほとんどです。

こういった場合は、コラーゲンを体の内側から補給することで
ほうれい線が解消してゆきます。
あせらずに、しっかりと毎日ケアしてゆきましょう。

これ以外にも、生活習慣や歯並びなどで
ほうれい線ができやすくなることがあります。

歯並びが原因というのは、お肌の筋肉に影響を与えてしまい
ほうれい線ができやすく目立ってきてしまうのです。

20代前半でも ほうれい線が目立つという方は
歯並びが原因ということもありますので、
気になるようでしたら 歯医者さんに相談しましょう。

そして、気をつけたいのが生活習慣による ほうれい線です。

例えば、食事の際に片方の歯でばかり食べていると
顔の筋肉が慢性的に偏ってしまい
ひずみとして ほうれい線ができることがあります。

このように 食べ方や歯並びが原因で
ほうれい線ができる方は、
片側だけくっきり出来ているというケースがほとんどです。

もちろん 頬のたるみケアをすることで
このようなほうれい線を薄くすることが可能です。

同時に、片噛みをしないように心がけることも大事になってきますね。